HOME>トピックス>通信講座でラクラク取得!医療事務として働く準備をしよう

医療事務の資格をとるなら通信講座がおすすめ

医療事務の資格を取得するためには、スクーリングもしくは通信講座による勉強が必要です。効率よく資格取得を目指したいのであれば、通信講座がおすすめです。自分の時間が15分あれば1日分の学習を進めることができますし、自宅学習なら交通費や通学時間を省くことができます。自分のペースで資格取得までのスキルが身に付きますので、着実に力を蓄えることも可能です。

通信講座で医療事務の資格をとる流れ

履歴書

まずは申込をしましょう

自分が無理なく続けられる医療事務資格講座を探し、申し込みをします。費用や受講期間などを確認し吟味してください。医療事務講座の申し込み後、ほどなくテキストなどが届きますので、手元に届いた時点で受講開始となります。

通信講座を受講します

自分のペースで受講することができますが、受講期限が決まっていますのでその期間内に修了できるようスケジュールを組んで学習を進めていきます。添削などを経てすべての学習が終われば修了です。修了後の流れは受講する講座によって異なります。

修了認定で資格取得となります

修了試験を受験し、所定の正答率を超えれば「医療事務の資格」の認定が受けられる講座もあります。中には、年に数回行われる試験を受験し合格することが求められることもあります。いろいろな資格認定方法があるので、受講前に確認するとよいでしょう。

通信講座でラクラク取得!医療事務として働く準備をしよう

事務の女性

医療事務の資格取得に向けて勉強すべきこと

医療事務の資格取得を目指すなら、とにかく「レセプト作成」の基本を押さえること、点数計算の手法を覚えることが大切です。今ではパソコン作成が基本となったレセプト作成ですが、基礎知識がなければ仕事ができません。医療点数の算定にもルールがあるのでしっかりと覚えていきましょう。