HOME>みんなの声>医療事務の資格をとって人気の職種で働いちゃおう

医療事務の資格をとって人気の職種で働いちゃおう

事務員

主婦でも働きやすいと人気の医療事務ですが、最近では競争率が高くなっています。そこで医療事務の資格を取得しておくと就職に有利となるでしょう。医療事務の資格をとったきっかけについて取得した人の話を聞いてみましょう。

みんなの口コミ

スキルアップがしたいと思ったからですね

高校を卒業してから目標もなかったことで、いろいろな所でバイト生活をしていました。母の体調があまりよくなく、付き添うことが多かったこともバイト暮らしの理由でした。ですが母に付き添い病院へ通っていると、受付事務をしている女性に憧れを持つようになりました。いつも笑顔でやさしく患者さんに対応してくれる姿を見て、自分も頑張ってみたいと感じるようになりました。そして資格を持つことで自分自身もスキルアップにつながり、自信が持てるようになると考えたのです。高校卒業してブラブラとバイトをしているだけでは、将来も心配になって来た時でもありました。また医療事務を知ることで、母の病気に対しての補助も出来るようになると考えました。
(20代 女性)

仕事の幅を広げたいと思ったのがきっかけです

20代から介護の職を続けていました。若い頃から人助けになる仕事がしたくて、資格をとって就いていたのです。しかし深夜勤務が続いたり労働力が必要だったりする仕事だったため、腰を痛めてしまいました。病院へ通うことになったのですが、その時知ったのが医療事務の仕事でした。腰痛を患う時にこの仕事は、とても素敵な職業に見えたのです。受付業務やカルテの整理だけでなく、患者さんへの労りや配慮が必要な仕事に思えました。腰痛が治ると元の職に戻る計画を立てていたのですが、一次中断して資格を取ることにしたのです。年齢を重ねた時、再び腰痛になって働けなくなる可能性を考えると資格を取っておいて損はないと考えました。そして確実に合格するために、通信教育で学ぶことにしたのです。
(30代 女性)